症状とチェック|膣のゆるみは治療によって改善することができる|好みに合わせて選ぶ
女の人

膣のゆるみは治療によって改善することができる|好みに合わせて選ぶ

症状とチェック

困るウーマン

膣のゆるみと聞いても、実際にどのような症状なのか分からないといった女性は多いでしょう。少し疑問に思っても、「気のせいかもしれない」と放置してしまうことは少なくありません。ですから、症状について学んでおくことで身体の以上に気付くことができるようになると言えるでしょう。軽い症状の場合は気が付きにくいこともあるので、セルフチェックを有効活用して早めの治療を受けられるように心掛けておくのがベストです。では、どのような症状があるのか見ていきましょう。まず最初に、出産を経験した方は膣がゆるみやすいので注意しておきます。お腹がポコッと出ていたり尿漏れをする、尿を途中で止めることができない、お風呂に入った時に膣に水が入ってきてお風呂から上がると溜まったお湯が出てくるといった症状が多いでしょう。また、性行為の際に「締める」という感覚が分からなかったり、空気が入って音がするようなら膣のゆるみを疑った方が良いですね。このような症状が最も多い症状と言えますので、心当たりのある方は専門の医療機関で診察してもらうのがおすすめです。また、早期発見にはセルフチェックをしておくと良いでしょう。まずは、仰向けに寝た状態で膣内に指を2本ほど入れます。そして、力を入れて締めるのですが、指に圧力が加わったり引き締まるような感覚がある方は正常ですが、そうでない方は膣のゆるみがあると言えるのです。また、この方法よりも簡単なのが、尿を途中で止める方法ですが、やり過ぎると健康に良くないので程々にしながらチェックしましょう。